美肌になるための化粧品の選び方と使い方

美肌になるためには、やっぱり化粧品をしっかりと選びたいですよね。

 

でも化粧品にいい化粧品と悪い化粧品があるわけではないんですね。

 

本当は自分の趣向と、肌に合う合わないで選べはいいんです。

 

そのかわりある程度の基本を踏まえることが大事になります。

 

それと人によって肌の性質がかなり違うので、化粧品の使い方を間違うことで起こるトラブルもいろいろあります。

 

 

 

メイク落としは油性の汚れであるメイクアップ料を落とすものです。

 

油性の汚れをまず油で浮かせて、さらに水で落としやすくするというのがメイク落としの役目です。

 

そのためにメイク落としには、浮かせるための油分と、さらに油と水の橋渡しをする物質の界面活性剤が入っています。

 

界面活性税は肌に悪いもののように感じますが、メイクをする以上はそれを使わないと落ちないので仕方がありません。

 

なるべく肌への負担が少ないメイク落としを選ぶことが非常に大事になりますね。

 

でもどうせ流してしまうものだからと、最終的には安易に選んでしまったりしますよね。

 

肌のことよりも落ちが早いものやシートタイプなど、手軽さで選んでしまいます。

 

肌のことを考えてもっと慎重に選ばないといけませんね。

 

 

 

今主流になっているオイルタイプですけど、これは強い界面活性剤を含んでいることが多いです。

 

顔中にオイルを塗るわけですから、その中にかなりの界面活性剤を入れておかないと、水で落ちなくなってしまいますからね。

 

料理の後ににお皿についた油を落とす時は、強い洗剤をたくさんかけますね。

 

そうしないと水道の水とは混ざりませんからね。

 

オイルクレンジングを塗った時の顔は、まさにこのような状態です。

 

オイルクレンジングの中に、すでに洗剤のようなも界面活性剤がたくさん入っているのです。

 

 

 

オイルクレンジングと言うものは、かなり昔からあります。

 

強いメイクを落とすためのものでしたが、落ちがいいからと普段のメイクを落とすために毎日使っていると、肌が荒れてくるのは当然ですね。

 

肌のことを考えると、油分の量が多すぎず少なすぎずのクリームタイプがいいようですね。

 

メイクが軽めの人なら乳液タイプでもいいです。

 

もちろん敏感肌用のものを使うに越したことはありません。

 

油分を全く含まないジェルタイプも、油分の代わりにアルコールのようなものが含まれていることがあるので注意しないといけません。

 

拭き取りタイプは最も刺激が強いので、旅行などの時だけにしたほうがいいですね。

 

ウエットティッシュ状になったタイプは、防かび剤などが含まれているので、刺激が強いから気をつけないといけません。

 

 

 

もちろん肌トラブルが何もない場合は、変える必要はありません。

 

化粧水やクリームをいろいろかえてみても治らない肌荒れの原因が、実は長く使っているメイク落としだったりします。

 

メイク落としは肌への影響が大きいものだということを知っておかないといけませんね。

メイク落としはケチらないで

メイク落としの肌への負担は想像よりも大きいので、使う量をケチらないで使っている時間は出来るだけ短くすることが大切ですね。

 

メイク落としの量が少ないと、肌をこすってしまったりメイクアップ料を落としきれずに肌に残してしまう可能性が高くなります。

 

肌への摩擦はシミの原因になって、残ったメイクアップ料は油であるので、肌の上で酸化して過酸化脂質となって、肌を老化させる原因になります。

 

一度に使う量は手のひらにのせた時、クリームタイプならサクランボくらいの大きさが目安です。

 

乳液タイプのようにどろっとしたものなら500円玉くらいの大きさを目安にします。

 

 

 

メイク落としは顔の中でも皮膚が強い部分、額などを含むTゾーンからのせていきます。

 

メイクアップ料と馴染ませたら、つぎに頬などUゾーンにのばしてメイクアップ料となじませます。

 

最後に最も皮膚が薄くて弱い目元と口元にのばして、メイクアップ料となじませてから、ぬるま湯で洗い流します。

 

メイク落としを肌にのせている時間ができるだけ短くなるように、手早くメイクアップ料となじませて、馴染んだらすぐに洗い流すようにします。

 

その時は指の腹でやさしく肌をさするようにします。

 

けっしてゴシゴシとこすらないようにします。

 

とくに頬骨のあたりは、力が入りやすく、摩擦によるシミが出来やすかったりします。

 

メイク落としで毛穴の汚れまでも落とせると勘違いして、鼻の周りやニキビが出来ているところをゴシゴシと擦る人がいます。

 

メイク落としはメイクアップ料を浮かせるのが目的の化粧品なので、毛穴の汚れまで落とすことはできません。

 

 

 

メイク落としを洗い流した後、べたつき感のある汚れが残っているからと言って、すすぎの回数を増やしたり、使うお湯の温度を高くしたりする必要はありません。

 

かえって肌の感想を招きます。

 

メイク落としを使った後は洗顔をすることが基本ですから、残った汚れは次の洗顔で落とすことができます。

肌老化予防のためにできるだけ早く落とす

メイクアップ料は油性であるため、肌に長時間のせておくと、皮脂と混ざり合って、そこにほこりや雑菌がついて酸化して、過酸化脂質となります。

 

過酸化脂質が肌の上に残っていると、活性酸素を発生して、細胞にダメージを与えます。

 

つまり肌の老化を引き起こす原因となるんですね。

 

メイクは必要がなくなったらすぐに落とす方がいいわけです。

 

 

 

寝る前のバスタイムまで延々とメイクをしたまま家で過ごしたり、深夜帰宅した後そのままベッドへ行ったりするのは最悪です。

 

メイク落としをする気力が残っていないようなら、せめて水で顔を洗っておいたり、ホットタオルで顔を拭いてから寝たほうがいいです。

 

シートタイプのメイク落としは、肌への刺激がかなり強いので、おススメできないようですね。

 

 

 

落ちない口紅や、にじまないマスカラ、発色の良いアイシャドウなど、最近のメイクアップ化粧品はすごく進歩しています。

 

そのかわり落とす時が大変になってきているのも事実です。

 

なかなか落ちないからと刺激が強いメイク落としを使ったり、ゴシゴシこすってしまったりすれば、どうしても肌に負担はかかりますね。

 

メイクと落とす時の刺激で肌を傷めてしまうことがおおいです。

 

弱い目元や口元を熱心に擦っていると、どうしても荒れやすくなってしまいますし、コットンなどでこすっていると、長年のうちにシミの原因にもなります。

 

残ったマスカラやアイラインを落とすために綿棒でこする方法もありますけど、皮膚を引っ張るのでシワの原因になったりします。

 

化粧品の顔料は、粒子が大きいので、皮膚には吸収されません。

 

タトゥーのように針で色素を差し込んだりしない限り、皮膚には沈着しないのです。

 

こすることは皮膚を刺激して、シミの原因になると覚えておかなければいけませんね。

 

 

 

なかなか落ちないポイントメイクを落とす時は、オリーブオイルやスクアランオイルを使うのがいいようですね。

 

これらのオイルをコットンに含ませて、目元や口元に1分くらいのせておきます。

 

メイクアップ料が浮き上がってきますから、軽く拭ってそのあと顔全体にメイク落としを馴染ませてから、ぬるま湯ですすいで、良く泡立てた洗顔料で洗うのです。

 

メイクを完全に落としきろうとして強く洗ったりこすったりするくらいなら、少し残っているくらいの方が肌には負担になりません。

 

ポイントメイク専用のリムーバーも売られていますが、これらは普通のメイク落としでは落ちない汚れを落とすために作られているので、落ちが良い分刺激も強めになります。

 

 

 

ファンデーションを塗っていない日も、メイク落としと洗顔料でダブル洗顔をした方がイイと言われます。

 

毛穴などの汚れが落ちると言われますが、あまりお勧めできないようですね。

 

皮脂や垢を落とすものではないのですからね。

 

本当はメイクをしないでメイク落としも使わないのが、肌にはいいのですが、紫外線対策も考えるならファンデーションを塗らないわけにはいきません。

 

メイクとメイク落としは肌の必要悪なのかもしれません。

 

シャンプーをするときも、頭皮や紙の汚れが落ちにくい時に、シャンプーを使って2度洗いをします。

 

でも脂や汚れが落ちないから洗浄力の強いシャンプーを使うことはありませんね。

 

髪の毛が傷んでしまいますから。

 

肌は髪よりデリケートですから、メイク落としは使う機会を最小限にする工夫が必要ですね。